パンのペリカン

書籍『パンのペリカンのはなし』好評発売中です。

ISBN:978-4576171470

本体価格1,500円+税

判型:四六判 224頁(カラー:32頁 白黒:192頁)

【エッセイ寄稿】
森まゆみ、平松洋子、鈴木るみこ、甲斐みのり

【レシピ紹介】
ペリカンのパンを使う老舗&人気店のレシピを紹介

【カバー写真】
新津保建秀

—-
商品は食パンとロールパン、たった2つだけ。
それでも行列ができ、昼には売り切れてしまう。
浅草で75年続くパン屋さんの物語。

なぜあんなに美味しいの?

なぜ2種類しか作らないの?

なぜ75年も売れ続けているの?

なぜ「ペリカン」なの?

「パンのペリカン」4代目店主の渡辺陸さんに、
ペリカンについていろんなことを教えてもらいました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パンのペリカンのはなし [ 渡辺陸 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/4/6時点)

◆毎日食パン400個、ロールパン4000個を売る店

◆ペリカンのパンが重い理由

◆初代は築地精養軒のベーカリーでパン作りを学んだ

◆「ペリカン」の由来は2代目の多夫さん

◆ペリカンのケーキ屋さんがあったって知ってますか?

◆あの伝説のキャバレーも、ペリカンの食パンとパン粉を使っていた

◆向田邦子、吉川英治、エノケンもペリカンのパンを食べた

◆45年以上ペリカンのパンを作っているパン職人さんの言葉

◆ペリカンの前身は、サトウハチローも通った有名店だった

◆特別な材料を使っているわけではない etc.

二見書房一般書籍編集部

二見書房一般書籍編集部です。よろしくお願いします。 お問合せ→info@futamibooks.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする